So-net無料ブログ作成
検索選択

皮膚の白斑カネボウ以外にも52例の報告が寄せられていた [美容関連]

カネボウ化粧品に使われているロドデノールが皮膚の白斑症状の原因となって
いるとしてカネボウ化粧品が美白化粧品の自主回収を行ってから1か月以上経過
しているが、ここにきてカネボウ以外にも皮膚の白斑症状が見られたという報告事
例が52例消費者庁に寄せられていることがわかった。
デスクトップ2ch

また、これ以外にも11例の報告が現場の医師から皮膚科学会に寄せられている。
SankeBIZ

このように白斑症状が広がりを見せているが、ここにきて美白化粧品以外にも
原因があるのではないかということがささやかれている。


この症状は尋常性白斑にも似ていて甲状腺機能障害のときにもみられる。
かってのチェルノブイル事故後の調査で白斑症状の報告が相次いでいることから
こうした原因も無視できないように思える。


ただ、今日の皮膚科学会の報告で化粧品の使用を止めて2か月以降に改善
した例が約半数あることから原因は相乗作用によるものかもしれない。
つまり、強い紫外線を浴びると皮膚のメラノサイトが破壊され、色素が産生
されなくなるので白斑症状が出るということが皮膚科学でも明らかになって
いるので、美白化粧品プラス強い線源が考えられます。
強い紫外線を浴びると尋常性白斑症状になる例

紫外線も放射能も電磁波の1種なので同じことが推測されます。
いずれにしても今後の詳しい調査が待たれるところです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。