So-net無料ブログ作成
検索選択

マーガリンが食べられなくなるかもしれない!米国FDAが製造中止を提言! [食品]

これからはもうマーガリンは食べられなくなるかもしれませんよ~。
「マーガリンの油は体に良くない」と様々なところで言われていますが、それが事実
になるようです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
CNNによると、 米食品医薬品局(FDA)は7日、マーガリンなどに含まれるトランス
脂肪酸は「安全とはみなされなくなった」という見解を発表した。
現在は関連業界にパブリックコメントを求めているところだが、これが公式見解となっ
た場合は冷凍ピザ、マーガリン、コーヒークリームなどの製造はできなくなるようです。
ただし、一部の食肉や乳製品などに含まれる天然のトランス脂肪酸は該当しない。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

マーガリンの製造工程図
マーガリン1.jpg

引用:日本マーガリン協会

日本で農林水産省がマーガリンは乳製品を含まず食用油脂を使用したものに限る
と定義していますので、ここでいう原料は食用油脂です。俗に言われている石油
や鉱物油(車のオイルのようなもの)は使われていませんので誤解なきように。

食用油脂とは、大豆油、トウモロコシ油、菜種油、サフラワーなどです。
もともとこうした食用油脂は常温では液体となっているので、このままではバターの
ように固くなりません。そこでニッケルなどの触媒を使って常温でも固まるように水素
を付加する作業を行うのですが、この過程で悪玉となるトランス脂肪酸が生まれます。
そのため、マーガリンにはトランス脂肪酸があり体に悪いといわれています。

しかし、米国FDAが発表したようにトランス脂肪酸を摂りすぎるとガンや糖尿病、血
栓系の疾病、動脈硬化、痴呆、アレルギー、精神病などになりやすくなります。
日本でもこうした発表を受けて将来的にはマーガリンが製造されなくなる可能性が
ありますが、新たにトランス脂肪酸を含まないマーガリンが開発されるかもしれない
ですね。何しろバターより安く手に入りますから。
でも、健康のために摂りすぎに注意した方がよさそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。