So-net無料ブログ作成
検索選択

高脂肪食は乳酸菌を絶滅させる。結果として不健康になる [医学・医療]

脂肪が多い食事を食べると、消化液(胆汁)が大腸の「善玉菌」を殺し、腸内細菌の
バランスを壊すことが、北海道大の研究でわかった。

 消化液の分泌が引き金となってメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や
大腸がんが発症する可能性を示しており、米消化器病学会の専門誌11月号に
掲載された。

 研究したのは同大農学部の横田篤教授(微生物生理学)らのグループ。ラットの
普通のえさに、高脂肪食で分泌される濃度に近い胆汁を混ぜて10日間食べさせ、
盲腸の細菌の変化を調べた。

 通常は、大腸や盲腸で約1000種類の細菌が見つかるが、胆汁を混ぜたえさ
のラットは「クロストリジウム」に分類される菌が98・6%を占め、菌の8割はたった
4種類になった。この菌が大半を占めるのは、米国の肥満患者の研究と同じ傾向
だった。通常は1割ほどいる乳酸菌などは、ほとんど見つからなかった。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。