So-net無料ブログ作成
検索選択

抗うつ剤で魚も大変身!群れを離れて1匹だけで生きる傾向が高くなる [うつ病]

以前の記事
抗うつ剤とうつ病患者
うつ病になると投薬される抗うつ剤と自殺者数の増加が一致した
でも書いたが、抗うつ剤は弊害が多すぎるのが現状で、精神科医も効果は飲んで
みないとわからないし、効果があったかどうか判断する検査方法もないと言う。



スウェーデンのウメオ大学(Umea University)の研究チームが抗不安薬のオキサゼパム
(Oxazepam)製剤を魚にさらしたところ、淡水魚の一種パーチが、群れを離れて1匹だけ
生きる傾向が高くなることを発見したという。

「通常、パーチは用心深く、群れで餌を追うらしい。しかし、これは捕食者に食べられてしま
う危険性が増すことになり危険な行動だと指摘している。


これを人に当てはめると、自分勝手な行動が増え、抑制が効かなくなることを意味する。
あるいは衝動的な発作行動が起こる可能性も示唆する。
あなたの周囲にも、このような人がいないだろうか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ドリンクバーは安いと思ったら大間違い!健康被害の元! [食品]

ガスト、デニーズ、ジョナサントマトなどのファミレスで提供されているドリンクバーは
ものすごく値段が安く、何杯飲んでもお替り自由となっているので、お得度百倍くらい
に感じている方も多いのでは?
それに、こんなに安くて大丈夫なんだろうか?と心配される向きもあるようで・・・。

まったく心配無用です。

むしろ、あなたの体の健康を心配した方がいいです。

家庭用品の危険と少しだけ食べ物語さんのブログによると

■お代わり自由コーヒーはサービスの表れではない
ファミレスなどで「お代わり自由のコーヒー」やドリンクバーのコーヒーを飲むと、
サービスの良さを感じたり、何杯も飲んで申し訳なく思ったことはありませんか?
今後は、そんな気遣いは一切不要です。逆にお客の立場から、怒らなければ
いけません。普通、喫茶店ではコーヒー豆100gから、コーヒーカップ10杯分
を取るそうです。中には、もっと取る店もあるようですが。ところがお代わり自由
のコーヒーは、常識の3倍・30杯分のコーヒーを取ります。だから、飲み放題
なのです。お代わり自由コーヒーは、サービスの良さを売りに見せながら、実
はお客を騙す“集客液”だったのです。何故、通常の3倍取っても大丈夫かとい
うと、食品添加物のリン酸塩を増量剤として、コーヒーの粉に混ぜます。
するとリン酸塩の抽出増量作用で、通常の何倍も多く取り出せるのです。
でも薄くなり、苦味やコクがなくなるのではと思われるでしょう。そこで、さらに
食品添加物の登場です。酢酸ベンジルなどの合成香料や苦味料を混ぜ、コー
ヒーと同じような味・香りに仕立てるのです。従って皆様がドリンクバーで飲む
コーヒーは?というより、食品添加物を多く注入しコーヒーに似せた液体を飲ま
されているに過ぎないのです。御代わりは、禁物ですよ。
 
■豊富な種類のドリンクバーでもお金を払う価値はない
200~300円台のドリンクバーが、常識化しています。数々の種類の飲み物
を選ぶことができるから、安いと思っていませんか? いくら飲み放題とは言え、
前述のコーヒーや業務用コーラ・ジュースの価格を考えたら、全くお金を払う価
値はないのです。専門家に言わせると、原価は1杯平均10円程度だそうです。
従って何杯飲んだところで、元は取れないことを知っておきましょう。店が言う
お客様への出血サービスどころか、ドリンクバーは店の儲け頭さえあります。
安くて長居できるメリットはあるものの、食品添加物や糖分過剰の飲料ばかり
です。身体のために、店を選び本物のコーヒーを飲みましょう。こんな所で何杯
もお代わりするより、多少高くついても本物のコーヒーを飲んだほうが健康的で
す。なおコーヒー関連品として、「コーヒーフレッシュ」は本物の牛乳を使ってい
ると思う方が圧倒的です。ところが…牛乳は1滴も入っておらずに、中身はサラ
ダ油と食品添加物だけでできているのです。原価は極めて安く、取り放題・飲み
放題でも耐えられる製品なのです。だからテーブル上のカゴやケースに、無造
作に山積みに置かれているのです。私(ブログ者)も真相を知る前は、コーヒー
に“サラダ油”を入れて飲んでました(苦)。


いかがですか?
これで、少しは気が楽になったでしょう。

えっ!気が重くなった?
そうでしょうね。飲みすぎには注意しましょう。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。