So-net無料ブログ作成
検索選択

メタボの悪役コレステロールは本当に悪いやつなの? [肥満・メタボ]

メタボとコレステロールは切っても切れない関係があるといわれているが
果たして本当はどうなのだろうか?


(ここから)

コレステロールは副腎皮質ホルモンや性ホルモンなどの原料になる重要栄養素である。
しかし、今やこのコレステロールはただの悪役として扱われているようだ。それが医学
と製薬業界とマスメディアによる嘘丸出しのマーケティングによることを、いまだ多くの人
々は理解していない。
 
日本脂質介入試験=J‐LIT」という臨床試験では、総コレステロール値が220以上の
人ばかり5万人に、コレステロール低下剤を6年間使った。平均で約50下がったが、もっ
とも脂肪率が低かったのは220~260の人。180未満に下がった人の死亡率は220
~260の人の2.7倍に増え、40%が癌で死亡。がん死亡率が最低であった280以上
の人の5倍までもが、癌で死亡したことになる。

コレステロールが高いことで得られるメリットは、感染症やガンなどの免疫に関する病気
にかかりにくいということである。あまりに高すぎれば当然動脈硬化のリスクは増す。
そのバランスを取ることが大事であり、だからこそのこの数字なのだ。
 
コレステロールを下げるのはよくないと主張する医師は数多い。そのことは、まだ日本に
も少しだけ救いがあるという気持ちにさせる。浜六郎氏だけでなく、たとえば『日本人よ
コレステロールを恐れるな』(長谷川元治)や『日本人はコレステロールで長生きする』
(田中裕幸)などの著書がある

Facebook内海聡さんの記事から転載

(ここまで)

とまあ、本当はどうなのかわからないが、事実を述べているようなので信ぴょう性は
あるのだろう。特にコレステロールが180未満まで下がった人の死亡率が2.7倍に増え
40%がガンで死亡したというのには驚かされる。
もし、そうならコレステロールは少し高めの方が長生きし、病気にもなりにくいことになる。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

皮膚の白斑カネボウ以外にも52例の報告が寄せられていた [美容関連]

カネボウ化粧品に使われているロドデノールが皮膚の白斑症状の原因となって
いるとしてカネボウ化粧品が美白化粧品の自主回収を行ってから1か月以上経過
しているが、ここにきてカネボウ以外にも皮膚の白斑症状が見られたという報告事
例が52例消費者庁に寄せられていることがわかった。
デスクトップ2ch

また、これ以外にも11例の報告が現場の医師から皮膚科学会に寄せられている。
SankeBIZ

このように白斑症状が広がりを見せているが、ここにきて美白化粧品以外にも
原因があるのではないかということがささやかれている。


この症状は尋常性白斑にも似ていて甲状腺機能障害のときにもみられる。
かってのチェルノブイル事故後の調査で白斑症状の報告が相次いでいることから
こうした原因も無視できないように思える。


ただ、今日の皮膚科学会の報告で化粧品の使用を止めて2か月以降に改善
した例が約半数あることから原因は相乗作用によるものかもしれない。
つまり、強い紫外線を浴びると皮膚のメラノサイトが破壊され、色素が産生
されなくなるので白斑症状が出るということが皮膚科学でも明らかになって
いるので、美白化粧品プラス強い線源が考えられます。
強い紫外線を浴びると尋常性白斑症状になる例

紫外線も放射能も電磁波の1種なので同じことが推測されます。
いずれにしても今後の詳しい調査が待たれるところです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。