So-net無料ブログ作成

2歳未満の38%が携帯電話を体験!脳への影響は? [携帯電話]

米国の家庭に関する調査で、2歳未満の幼児のうち、スマートフォン(多機能
携帯電話)やタブレット型端末といった携帯端末を使用したことがある子どもが
38%に上るという結果が出た。

0~8歳の子どもでみると、携帯端末に費やす時間は前回調査の1日平均5分
から、15分と3倍に増え、また携帯端末を使ったことのある子どもは38%から
72%とほぼ倍増した。
子どもたちが最もよく携帯端末を使っている活動はゲームで、63%の保護者
が挙げた。また30%の保護者が、子どもが携帯端末を読書に活用していると
答えた。http://www.afpbb.com/articles/-/3002323


携帯電話に関しては昨年脳腫瘍が労災認定されたケースがイタリアであった。
イタリア最高裁で携帯電話による脳腫瘍で労災認定
 
イタリアで職場の携帯電話が原因で脳腫瘍を起こしたと労災認定されたのは
イノセンテ・マルコリーニさんで、2012年10月18日にイタリアの最高裁で勝訴
が確定した。


そのほか、携帯電話の使用による健康障害が多く報告されている。

精液量やpHなどの4項目については差が無かったものの、精子濃度、運動率、
生存率、正常形態率については、携帯電話の使用時間が長いグループほど
下がってきていることが分かった。

世界保健機関(WHO)が、携帯電話などから発せられる無線周波の電波を、
発がんリスクで5段階中の3番目にあたる「グループ2B」に分類した。

携帯電話から出る電磁波は、ヒトや動物の細胞内のDNAに損傷を与える恐
れがある

ヘビーユーザー(累積通話時間1640時間以上)のグループで、神経膠腫リ
スクが上昇している。それも常に携帯を使う側の側頭部の腫瘍が増加している。
そこが電磁波の暴露をもっとも受ける部分だ。

このようなことから、低年齢層の携帯電話の使用は控えた方がよさそうです。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。