So-net無料ブログ作成
検索選択
青野菜 ブログトップ

青野菜と牛乳とカルシウム [青野菜]

 青野菜の効用は葉緑素だけではない!



 青野菜には重要な成分としてカルシウムが含まれています。
川島氏がアフリカでゾウの習性を調べてわかったことがあったのです。

 ゾウのキバは1本が30kgほどあり、その大部分はカルシウムから出来ています。では、ゾウはその30kgにもなるカルシウムをどうやってとっているのでしょうか?



 ゾウはキバがりっぱだけでなく、虫歯もないのです。氏は翌日からゾウの後を追跡して、何を食べているのか調べたのです。その結果わかったのは、ゾウはカルシウムのすべてを草や木の葉からとっているということでした。

 つまり、青野菜はカルシウムの重要な供給源となるということでした。とくに成長過程にある子供は大人より多くのカルシウムを必要としています。



 牛乳は本当にカルシウムの良い食品なのか?





 ところが、私たちはカルシウムを補うために



「牛乳はカルシウムの宝庫!」
「強い子になるために牛乳を飲もう!」

 という言葉がいたるところに蔓延しています。特に学校に多いですね。



 たいていの母親は「牛乳」といえば「カルシウム」とすりこまれているために子供には牛乳が一番と飲ませる。もともと、この牛乳神話を推し進めたのはCHQ(連合国軍総司令部)だということをご存じでしょうか?

 終戦後の7年間、日本はアメリカの占領政策下にあり、当時のアメリカには小麦と牛乳がふんだんに余っていて、その消費先として日本が選ばれたのです。その後の日本の状況はご存じと思うが、現在では厚生労働省の「健康21」では1日130gの牛乳・乳製品の摂取が推奨されています。



 牛乳には良いことだけでなく弊害もあることを知っていますか?



 牛乳は必ずしも健康に良い食品ではないのです。私などは牛乳を飲むと最初の数日間はいいのですが、4日目あたりから、おなかが張るような感じがして、次第にもたれるような感じが強くなります。そして、おならが多くなり、終いには体調不良に近い状態になってしまいます。私だけに限ったことではないように思います。そのため、私は日常生活では牛乳を飲みません。もし飲むとしたら暖めた牛乳をコップ1杯程度です。牛乳はココアコーヒー、ホットミルクなどで飲むのが良いのです。



 おそらく原因は、牛乳が消化不良の状態になるのだろうと思います。これは牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が日本人には不足しているためで、先天的なものや年齢的なものがあります。このため、腸内で牛乳のタンパク成分などが十分に分解されず、分解されないで残ったタンパクが腸内の悪玉細菌のエサになり、ガスの発生へつながっていくのです。また、分解されないで残ったタンパクが腸の壁面を全体的に覆う形になるため、体に良いからと長期間無理して飲み続けると胃腸障害の原因にもなります。





 また、私たちの飲んでいる牛乳は殺菌のため120~130℃の熱で瞬間加熱殺菌されますが、このとき牛乳内にある酵素の大部分は死んでしまい、あとに残るのは固まったタンパクだけです。そのため、人体に必要な酵素成分が失われた偏った食品となっています。子牛は本来母親の母乳で育てられますが、この滅菌処理した牛乳で育てると子牛は3~4日で死亡すると言われています。



 さらに、この牛乳の高タンパク質はアレルギーの原因になるとも言われています。



 牛乳とカルシウム。その弊害



 話をまたカルシウムに戻しますが、牛乳100ml中には110mgのカルシウムが含まれていると言われています。カルシウムが多く含まれているので、一見良いように見えますが、牛乳をのむと一気に体内のカルシウム濃度が増加します。



 そうするとどうなるのかと言うと、カルシウムの体内の濃度が高くなりすぎ、逆にカルシウムを排泄する方向に働きます。問題はそのときに他のミネラルも尿と一緒に流してしまい、ミネラル不足になってしまうのが問題とされます。



 特にマグネシウムが欠乏してしまい、マグネシウムは体内で多くの酵素の働きを助けています。これはいろいろな代謝障害をひきおこします。次いでこのマグネシウムが不足すると、それを補うために自分の骨をも溶かして補います。もちろんカルシウムも一緒に溶かします。従って牛乳をたくさん摂ることは逆作用になって、骨粗鬆症の原因になります。



 よく牛乳を飲むアメリカ人ですがアメリカ人の3分の1程度しかカルシウムをとらないシンガポール人と比べて骨折率は5倍高いのです。また、世界で最も牛乳を多く飲むノルウェー人の骨折率は日本人の5倍です。



 青野菜にはカルシウムが含まれていて、牛乳よりその量が多いものもあります。牛乳と違って良い点は、最近注目されている繊維質が多く含まれています。そのため、食べた後で適度の満足感が得られるため大量に食べ過ぎるということがないのです。



 従ってカルシウムも大量に吸収されず、消化に合わせて穏やかに吸収されるため牛乳のように必要なミネラルを一緒に排泄するということがないのです。逆に青野菜には体に必要なミネラルが多く含まれていますので大変良い効果をもたらします。



 私たちは青野菜の効用を見直す必要がありますね!



 



 


nice!(0)  コメント(0) 

肉食動物も青野菜をとる? [青野菜]

 野菜が体に良いことは健康維持の常識だが、いくらたくさんとっても、青い野菜をとらなければ駄目である。

 
食料産業研究所所長である川島四郎先生の著作のなかにおもしろい話があったので紹介しよう。



馬は白い野菜を食べない!
 
 氏は昔軍隊にいた頃におもしろい実験をしていた。馬やウサギに青い野菜と白い野菜を交互に並べて食べさせてみた。
 そうすると、馬は青い野菜は素直に食べるが、白い野菜は大きな鼻の穴でフンと息を吹きかけて見向きもしなかったそうである



ウサギも白い部分は食べない!



 ウサギはというと与えた小松菜の青い部分は食べて白い部分は残してしまう。
その後、2,3日続けても白い部分は決して食べようとしなかったということでした。



 このことから、動物は本能的に青野菜が重要だと言うことを知っているのですね。



なぜ、青野菜を食べるのか?



 では、なぜ青い野菜を食べることが必要なのか?
それはその青さゆえなのである。野菜の青い部分には葉緑素が含まれていて、この葉緑素が私たちの血液を作るのに欠かせないのです。

 血液にはヘモグロビンがあり、葉緑素と分子の中央部分の元素が違うだけで、ヘモグロビンの中央には鉄があり、葉緑素にはマグネシウムがあります。

 私たちの体は体外から食物として取り入れた青野菜の葉緑素を原料としてヘモグロビンを作っているから必要なのです
また、私たちの体はそれだけでは量を補えないので、最終的には生成した体内のヘモグロビンを分解して再利用もしています。



 ライオンも青野菜を食べるのでしょうか?



Yun_26103



 おもしろいことに馬やウサギだけでなく、ライオンも野菜をとっているのです。百獣の王ライオンと言えば、肉食獣として有名ですね。でもちゃんと青野菜をとっているのです。



 ではどうやってとっているのか?



 まず、ライオンはヒョウやチータなどの肉食動物を食べるのか?というと答えはノーです。ライオンは同類の肉食動物は食べず、草食動物を食べているのです。



 ライオンがシマウマを倒した後、まず、尻の部分をかみ切ってから腸の部分をズルズルと引っ張り出し、それをそばに積み上げていくのです。
それでもすぐには食べません。
全部引っ張り出してから食べ始めるのです。

では、何を食べているのか?



後から出てきた腸の青い部分、つまりシマウマが今食べたばかりの青い草の詰まっている部分から食べ始めるのです。従って、ライオンは未消化の草の詰まった腸を食べることで葉緑素をとっているのです。



人も青野菜を食べないと生きられない!



 人間でも、エスキモーのように寒冷地帯に住んでいる人たちは野菜を栽培できないのでとれません。
それで彼らはどうしているのかというと、トナカイの消化器官の中のコケを真っ先に食べるのです。
トナカイは草食動物で、凍った地面を鼻で息を吹きかけながら氷の下のコケを食べているのです。コケには十分な葉緑素が含まれています。



 このように、生物にとって葉緑素を含む青野菜は重要な食物なのです。



もちろん、青野菜であるホウレンソウには血液の成分である鉄が多く含まれています。このように青野菜をとることは私たちの体に一石二鳥の効果をもたらすのです。






nice!(0)  コメント(0) 
青野菜 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。