So-net無料ブログ作成
検索選択
健康・病気 ブログトップ
前の10件 | -

パイナップルジュースには咳止め効果がある!シロップを飲むよりはるかに良い! [健康・病気]

パイナップルにこれほどの効果があるとは知りませんでした。
やはり、自然は偉大です。私たちの必要とする物をきちんと用意していてくれるのですから。


(ここから)

パイナップルには、ブロメラインと呼ばれる抗炎症特性を持つ酵が含まれています。この酵素は伝染病を予防しバクテリアを消滅させます。咳を抑えるには、新鮮なパイナップル・ジュースを飲むほうが、咳止めシロップを飲むよりも5倍の効果があります。


カップ1杯のパイナップル・ジュースには、1日のビタミンC摂取量の半分が含まれています。ビタミンCは、新陳代謝やエネルギー交換を調整する極めて重要な体内酵素を活性化します。さらにパイナップル・ジュースには、主に健康的な結合組織や骨の形成を促すマグネシウムが含まれています。マグネシウムは、カルシウムの吸収と炭水化物や脂肪の代謝を促し、神経機能を高めます。
ブロメラインは、そのまま身体から吸収されるようですから、消化組織以外にも影響を与えると考えられています。
実際に、ブロメラインは関節炎などにも効果があるため天然の抗炎症薬として販売されています。ドイツでは、ブロメラインは最も売れているサプリの1つです。ドイツでは、手術や怪我が原因で発生する炎症や、鼻や静脈洞の腫れに効き目があることが証明されています。
長い間、咳が続くようであれば(ただし、肺炎などの深刻な病気を患っていない場合に限る)、咳止めシロップを飲むよりも新鮮なパイナップル・ジュースを飲んでください。パイナップル・ジュースは咳止めシロップよりも安価であり、毒性のある化学物質は含まれていません。パイナップル・ジュースは栄養価が高く風邪の予防にもなります。
パイナップル・ジュースを飲むことで咽喉炎の症状が和らぎ、粘液(痰)が体外に出やすくなります。ねばねばした濃い粘液(痰)が肺に溜ることで、発作的な咳やくしゃみが続くようになります。また、感染病を患い辛い思いをしなければなりません。2010年、ある研究チームが、結核の患者に、新鮮なパイナップルジュース、辛子、塩、はちみつを混ぜた飲み物を毎日与えたところ、肺の中い溜まっていた粘液がきれいに除去されました。
パイナップル・ジュース(搾り汁)は、咳止めシロップよりも5倍も効率的に肺の粘液を除去することができることが分かりました。咳(特に空咳)の症状のある病気を患っていた患者がパイナップル・ジュースを飲み続けたことで通常よりも5倍近い速度で回復しました。
パイナップル・ジュースは砂糖を追加せずに飲むことができます。缶づめのパイナップルは使わないでください。手作りのパイナップル・ジュースの方が、店頭で販売されているパイナップル・ジュースよりも効果的です。
パイナップルで作る咳止めミックス:
- 新鮮なパイナップルジュース 1カップ
- 新鮮なレモンジュース 1/4カップ
- しょうがの搾り汁 1個(7,5cmくらい)
- はちみつ 大さじ 1
- 粉末唐辛子 1小さじ 1/2

上記の材料を混ぜ、1/4カップの量を1日に2,3回飲みましょう。毎日、新鮮なパイナップル咳止めミックスを作って飲んでください。

(ここまで)

引用:http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51923367.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

微量ミネラルについて考える [健康・病気]

最近、酵素とか野菜の重要性が認識されてきていて、かなりブームとなっているよう
です。また黒酢サプリなどの発酵性食品も健康維持のために注目を浴びているようです。
しかし、酵素とか野菜、あるいは黒酢が健康に良いとされているのは主に酵素による
ものとされているようですが、酵素は元来たんぱく質のため、大部分は胃の中の強塩
酸で分解されてしまうので、あまり効果がないのでは?と思っていましたが、実はこれ
こそがミネラルの働きだったようです。ミネラルは胃の中でも消化されず残ります。
それが消化管から吸収されて不足している金属を補うので健康が回復するものだと
言えると思います。


近年の農業は昔と様変わりしていて、肥料に人の堆肥などの有機性のものを使う
ことはなくなりました。寄生虫害を予防することでも重要であったのですが、化学肥料
を用いる農業になっています。しかし、この化学肥料は窒素、リン、カリのうち2種以上
含んでいれば良いとされ、それ以外のミネラルは入っていません。そのため、土壌が
次第に痩せていき、終いには人の健康維持に必要なミネラルが野菜から十分摂れない
といった状況になっているようです。そのため、今農家で作られている野菜のミネラル
やビタミンは戦前と比べ、10分の1にまで低下しているといわれています。
また、野菜のミネラルやビタミンは工場で洗浄される際に使われる次亜塩素酸洗浄
によって流出してしまうために、もはや野菜とは言えず、単なる繊維と化してしまって
いると言えます。これで、健康になるはずはありません。このミネラルの不足こそ人か
ら免疫力や抵抗力を奪っているのであり、近年のガンの増加もこれと無関係ではない
ようです。ガン以外の多くの病気を引き起こす原因ともなっています。


たとえば、ミネラルの不足によっておこる病気として

Ca、P;骨の発育不良・骨粗しょう症・動脈硬化・血液の凝固不良
Fe、I:貧血・甲状腺ホルモンの機能低下
Mg:骨の発育形成異常・狭心症・腎不全・血栓症
Se:生殖機能異常・血中コレステロールの増加・精力減退
Zn:生殖機能障害・味覚の発達異常・前立腺肥大・ガン
Na:筋力低下・副腎機能低下・心臓疾患・肝機能低下・喘息
Mn:発達障害・動脈硬化・血糖上昇
(Ca:カルシウム、P:リン、Fe:鉄、Mg:マグネシウム、Se:セレン、Zn:亜鉛、Na:
ナトリウム、Mn:マンガン)

このような疾患になりやすいこともわかっています。
ミネラル水を摂ると、ガン、糖尿病、アトピー性皮膚炎、脳こうそくの後遺症の症状
が緩和され、花粉症などでも症状のほとんどに回復傾向がみられるようです。
このことからしても、ミネラル不足が免疫異常を引き起こし、それが病気を引き起こし
ているように思われます。そのせいでしょうか?戦前は喘息あるいは花粉症といった
アレルギー性の疾患は多くはありませんでした。戦前はそれだけミネラルが豊富で
あったということです。


自然界にはおよそ100種類の元素が存在し、当然のことながら、それと同じだけの
種類の元素を私たちは摂って生きています。ところが現代ではそのなかでも微量
ミネラルと言われるものが極端に不足している状態であり、現代の野菜だけ食べて
いるような状況では到底補えるものではないことはお分かりのことと思います。


微量元素の中でも
リチウム:ナトリウムの代謝促進、神経鎮静効果、滋養病の予防
アルミニウム:骨や歯の形成、酵素の働きを高める
ゲルマニウム:制ガン作用、酵素の働きを高める
モリブデン:酵素に不可欠、成長促進、尿酸の生成
クロム:糖尿病、動脈硬化症、成長障害、角膜障害
バナジウム:脂質の代謝、コレステロールの正常化
ニッケル:拡散の安定、細胞膜の形成、肝臓・生殖機能に必要
セレニウム:老化防止、皮膚炎の予防、視力回復

などに必要であるとされます。

ミネラルは体内で多くの新陳代謝を支えていて、特に酵素の働きを助けています。
酵素とは、Aと言う物質からBという物質に変換する際に働くたんぱく質で、ビタミン
なども酵素の種類に入ります。だから、いくらビタミンやたんぱく質をとってもミネラル
がなければ体内で使えないのです。私たちの体は最終的に酸素と水素に分解され
ることでエネルギーを得て生命活動を行っていますが、代謝の一部が損なわれても
他の経路で補うようになっています。しかし、それにも限界があり、飛行機は片側の
エンジンが止まってももう一方のエンジンで飛び続けられるようになっていますが、
もう一方もダメになれば墜落します。人の体もそれと同じです。

薬事法の関係もあり、この場で病気が治るなどとは書くことができませんが、実際に
ミネラル水で多くの病気の改善に役立っているようです。


このように、ミネラルには重要な働きがあり、現代のミネラル不足を考慮すると
その必要性は歴然としているように思えます。
皆さんも、今一度日常生活を振り返ってみていただいて、ミネラル水の活用をお考えに
なっていただきたいと思います。

「希望の命水」ご希望の方はこちらから
http://yamashimayasima.cart.fc2.com/ca5/8/p1-r5-s/
(なお、ご購入の際には会員No、031adaと書き添えてください)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

テレビを見続けると寿命が縮まると発表されたようです [健康・病気]

テレビを見続けると、一時間ごとに22分寿命が短くなるという衝撃的な研究結果が
今月初め、英国スポーツ医学ジャーナル(British Journal of Sports Medicine)に
発表された。

その同研究によると、テレビの前で費やす時間と寿命には相関関係があることが
分かったという。


何とも大変なことです。
毎日、今話題の韓国ドラマにはまっている人、エンタメ系に弱いあなた、そして
一日朝から晩までテレビ以外楽しみのない人など要注意です。


 豪クイーンズランド大学の研究チームは、25歳以上のオーストラリア人11,000人
を対象に追跡調査を行なった。その結果、テレビの視聴時間が1時間増えるごとに、
人の平均寿命は22分短縮し、一日に6時間視聴する人は、平均して約5年間、
テレビを見ない人より寿命が短いという。


一日6時間ですから、もし、一日12時間以上見ている人は一日2時間分寿命が
縮んでいる計算となり、全人生の8%相当が消えることになります。


この研究結果は、テレビがダメだと言っている訳ではない。テレビを長時間見続け
るカウチ・ポテト族は往々にして運動不足で、悪い食習慣に陥りやすいことが寿命と
関係していると専門家は指摘する。確かに、6時間もテレビをボーっと見ている人
より、活発に活動している人の方がヘルシーだろう。

一方、テレビだけでなく、コンピューターの前に座り続けることも寿命に影響する
という。1日6時間、パソコンの前に座っている人は心臓発作などで死亡する危険
性が40%増えるという報告もある。長時間座りっぱなしの人は、要注意だ。


いかがですか、今回の記事は・・・・。


遺伝子組み換え食品の健康被害を示唆するニュース [健康・病気]

新研究、GM食品の胎児への悪影響を示唆 GM大豆を食べたラットの子の半数が3週間で死亡(農業情報研究所)

http://www.asyura2.com/0601/gm12/msg/132.html

投稿者 シジミ 日時 2006 年 1 月 10 日 20:57:29: eWn45SEFYZ1R.

http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/gmo/news/06011001.htm

06.1.10

英国・インディペンデント紙によると、遺伝子組み換え(GM食品)を食べる婦人が妊娠中に胎児を危険に曝すことを示唆する新研究が現れた。ロシア科学アカデミーの主導的科学者によるこの研究によると、 GM大豆ーモンサント社の除草剤耐性・ラウンドアップ・レディー大豆ーを与えられたラットの子の半分が生後3週間で死んだ。生後3週間で死んだ子の数は、通常の食餌の母から生まれた子に比べて6倍になる。また、体重が大きく劣る子の数も6倍になったという。

GM: New study shows unborn babies could be harmed,Independent,1.8 http://news.independent.co.uk/environment/article337253.ece

公刊準備中のこの研究では、一群の雌のラットに GM大豆の粉を添加した餌を妊娠2週間前から与え始め、妊娠中、出産時、授乳期間中与え続けた。他のグループには非GM大豆を与え、第三のグループには大豆を与えなかった。GM大豆を与えられたラットの子の36%に厳しい体重不足が起きた。他のグループの子では、6%にすぎなかった。さらに、GM大豆を与えられたラットの子の55.6%が生後3週間で死んだが、非GM大豆グループの子ではこの比率は9%、第三のグループの子では6.8%にとどまった。

研究者は、ラットの形態学歴、生化学的構造は人間と非常によく似ており、人間のリスクも示唆すると言う。環境活動家は、結果は暫定的なものだが非常に心配、フォローアップが必要と言う。アメリカ環境医学アカデミーは、米国国立保健研究所に即時の独立フォローアップを発起するように要請したという。

最近、GM食品の健康悪影響を示唆する研究が立て続けに現れているが、胎児への悪影響を示唆する研究は初めてのものだ。

関連情報

モンサントのGMトウモロコシ・MON 863、健康悪影響を示唆する秘密研究が露見

,05.5.26

http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/gmo/news/
05052602.htm

害虫抵抗性GMエンドウがマウスにアレルギー反応ーオーストラリア研究機関が発見

,05.11.22

http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/gmo/news/05052602.htm

日光浴しないと病気になる? [健康・病気]

紫外線に多く当たると皮膚ガンになる、あるいはシミが出来るというのが
一般的な通説である。ところがここにそれを否定する論もある。


B紫外線が皮膚に照射すると、ビタミンD3を分泌する。このビタミンD3は、
魚の脂身、肉類、キノコ類や卵にも含有されている。


 ビタミンD3が欠乏するとくる病、骨密度の低下、ガン、多発性硬化症、
リュウマチ、糖尿病、パーキンソン氏病、アルツハイマー症などにかかりやすく
なり、D3が低い場合は鬱病にもなりやすい。


そしてサンブロックローションは、その大切な太陽光線を吸収することによって
体内のD3を生産出来ないようにしてしまうえ、さらにそのローションの化学
物質が発ガン性のある物質で出来ている。
それが皮膚ガンの原因であって太陽光線が原因ではないのだ。


もちろん、直射日光の下で長時間居れば皮膚が火傷するが注意すれば
大丈夫だ。ビタミンD3の毎日の必要量を体内で生産するには短時間の
日光浴で良い。


(マイク・ランバート医師によればビタミンというよりはホルモンというのが
正しいそうだ。)肌の色が白い人だと20分から30分、色が濃い人はその
6倍くらいの時間が必要だ。


さて、ここ何年もコレステロールが目の敵にされる理由は、太陽光線
(直射日光)によってビタミンD3が生産されるための原料がコレステロール
だからである。


もしサンブロックローションを使用し、尚かつ体内コレステロールが低い場合
が重なったらどうだろうか。ビタミンD3欠乏症として、ガン、多発性硬化症、
リュウマチ、糖尿病、パーキンソン氏病、アルツハイマー症、骨の病気、
鬱病、及び脳作用弊害といったものを意味する。


だから、今盛んに宣伝されている低脂肪、低コレステロール食事法は
全くのデマである。マイク・ランバート医師がコレステロールは、細胞を生産
するのにかかせない必須要素の一つと言う。


身体や毛、皮膚、つめの代謝、免疫系統の作用、男性女性ホルモンを含む
ホルモンの維持、細胞の栄養補給と排泄、心臓の筋肉の修復、筋肉も含まれる。

 
コレステロールの低下は、コル(胆汁)、ステロ(個体)、ール(アルコール)細胞
の修復と増加を止めるだけでなく、鬱病の殆どの人はコレステロール値が低い
事がわかっている。


いかに歪曲された医学説であろうか。心臓の筋肉の修復が必要なときに、修復に
必要な要素を低下させるということを教えると言う事はなんと逆説の論理であろうか。
それによって心臓病になるのを防ぐという考え方は.......


心臓発作になった人のうち75%位までは、コレステロール値が特に高かったわけ
ではない。(コレステロール値と心臓発作は関係ないということ)
*マグネシュウムが欠乏していると起こりやすい 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

意外なほど良く効く?アスピリン効果 [健康・病気]

【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆




GIGAZINより転載

鎮痛剤としてよく用いられるアスピリンを長期に渡って服用することで、ガンによる
死亡率が低下するという研究結果が発表されました。

日本で市販されている薬では、頭痛薬のバファリンなどにも含まれるアスピリンですが、
今回の実験では医師の処方した低容量のアスピリンが用いられ、約20年ほど被験者に
連続投与して、その結果としてどのような結果が現れるかという研究を行ったとのこと。
その結果として、従来から言われていた心臓病や脳卒中の予防に加え、ガンに対し
てもリスクを軽減する作用があることが分かったということです。

実験の詳細は以下から。

Daily aspirin 'can cut cancer death rate by 50 per cent' | Mail Online

研究によると、毎日アスピリンを摂取することで、主要なガンによって死亡するリスクを
減らすことができるということです。英国の研究者は、5年間にわたりアスピリンを連続
投与したところ、ガンによる死亡率が3分の1まで縮小するという決定的な証拠を発見し
ました。また、長期間にわたってアスピリンの投与を受けていた人ほど、ガンにかかる
リスクは低下していたといいます。

さらに、心血管障害ではない人が75mg(標準の300mgのタブレットの4分の1)を服用
すると、心臓発作や脳卒中を防ぐこともできるそうです。心臓発作や脳卒中を防ぐ意味
で、医者から既に低用量のアスピリンを処方されているであろう心臓病患者の人々は、
同時にガンを予防することにもなるということです。

John Radcliffe病院に勤めるPeter Rothwell教授は、約2万6000人の被験者に対して
研究を行いました。この研究は、心臓病患者を毎日アスピリンを投与するグループとプ
ラセボ(偽薬)を与えたを与えたグループとに分け、それぞれに投与を継続するというも
のです。心臓病に対する治療効果は既に報告されていたので、研究者はガンによる死
亡率が減少するかどうかという点について結果を期待して実験に臨み、その結果、アス
ピリンがガンによる患者の死亡率の減少に劇的な効果を現すことが判明しました。



5年間アスピリンを飲み続けたグループはのすべてのガンによる死亡率は34パーセント
減少し、中でも胃ガンによる死亡率は54パーセントと約半分まで落ち込みました。
20年後、ガンによる死亡率はアスピリンを投与されたグループの方が20パーセント低い
という結果が出ました。また、胃ガンと結腸・直腸ガンに効果が現れるのには10年、
前立腺ガンに対しては15年かかるという傾向も明らかになったということです。乳ガンと
子宮ガンに関するデータを得るには、グループ内の女性の割合が少なすぎたようですが、
そのどちらも減少傾向にはあったようです。

Rothwell教授は、「今回の実験による発見は、アスピリンの服用がガンによる死亡率を
低下させるということを初めて証明しました。この研究以前は、健康な中年の人がアス
ピリンを長期服用すると、脳卒中と心臓発作の予防という利点を、胃の出血という副作
用が相殺してしまうという見方が一般的でした。しかし、今回主要なガンによる死亡率
の低下という利点が加わったことで、よい作用が副作用を上回ったと言えるでしょう。」と
語ります。

ただ、East Angli大学のAlastair Watson教授は、「この研究はアスピリンのガン予防に
ついて大きな効果があることを証明しました。しかし、人によってはアスピリンによる胃の
出血のリスクもかなり大きなものとなります。アスピリンの服用を決める前に、その点につ
いてはよく確かめるべきです」と、リスクを甘く見過ぎないよう指摘しています。

Rothwell教授自身も40代中ごろからにアスピリンを飲み始めているとのこと。しかし、
一生の約3分の1にあたる長期間に渡り薬を服用することは、予想外の副作用が発生
することもありうるため、あくまで服用の決定は医師と相談の上、自己責任で行うよう
警告しています。

ガンや心臓発作、脳卒中といった病気は中高年から気になる病気のトップ3と言っても
過言ではないですが、アスピリンの長期服用がその予防になるという結果は、さらに
研究がすすめばこういった病気のリスクが減り、健康な老後を送るための希望となる
かもしれません。



以上ですが、以前アスピリンは万病の特効薬だと聞いた記憶があったのですが
なるほどと思いました。


【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

従来の定説を覆す、コレステロールの高い方が長生きする? [健康・病気]

今度は健康に関する話題から

いわゆる成人病の3大要因とも言われているコレステロールだが、日本脂質栄養
学会からこれまでの定説を覆す結果が発表されたらしい。


今、みなさんが病院に行かれると、コレステロールの上限は220mg・dlとされて
います。つまりこの値を超えるようだと心筋梗塞などの成人病になる確率が高く
なるとされ、治療の対象になります。


しかし、肥満大国アメリカのコレステロールの上限値は260mg/dlと日本と比べ
40mg./dlも高く設定されています。


日本でも20年ほど前までは250mg/dlくらいが上限となっていましたが、学会の
韓国によって厚生労働省もその基準を年々下げてきたものです。


ところが、最近になって

1.コレステロールがやや高い方が脳卒中に徳仁が少ない。
2.コレステロールの高い人の方がガンになる人が少なく死亡率も低い。

また、最近行われた全国70万人お対象とした健康診断の結果を解析した結果
「中高年の場合、男性は260台、女性では280台とすることが妥当」だというこ
とになりました。

現行基準に比べ、かなり高めです。逆に若い年代では、数値は低めが望ましい。

このことから、治療が必要なのは
1.遺伝的な要因でコレステロール値が高い家族性高コレステロール血症の患者
2.心筋梗塞や脳梗塞の病歴がある人 
3.新たに算出した基準値に近い状態が数年続き、高血圧や糖尿病、喫煙などの
  要因を持つ人-だということです。

これは日本検診総合医学会での発表です。


そして、日本脂質栄養学会が、コレステロール値が高いと総死亡率が低下すること
などをまとめた「長寿のためのコレステロールガイドライン」を作成しました。



高脂血症の要因ともなる高いコレステロールは心臓疾患などにつながり危険という
従来の定説を覆す指針で、
浜崎理事長は「コレステロール害悪説を考え直す必要がある」としています。

このガイドラインによると、コレステロール値と死亡率の関係について、約2万2千人を
約7年間追跡調査した結果、男性、女性ともコレステロール値が高かった人ほど
長生きしていたことが分かった。


今まで、コレステロールが高いと悩んでいた方には自分の健康を見直す一つの
契機かもしれないですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

息を吐くだけで肺ガンがわかる!本当? [健康・病気]

 イスラエル工科大学で息を吐くだけで肺ガンの診断が出来る装置が開発された
ようです。

 いわゆる、アルコール検知器のようなもので、肺ガン患者には揮発性有機化合物(VOC) と呼ばれる化学物質が存在していて、研究チームはこれを金ナノ粒子を使用して、肺ガンを検知するためのセンサーを開発した。これを使えば86%の高い精度で肺ガンかどうかの診断ができるという。

 肺ガンは早期発見が重要で、転移前に発見できる割合が15%だということから、かなり期待出来る技術だと思います。日本でも早く実現出来ると良いですね。






女性の4人に1人が65歳以上 [健康・病気]



AFFBニュースによると、日本人女性4人に1人が65歳以上とのこと。

ついに、ここまで来たか!
という感じがします。対して男性は5人に1人です。

女性が長生きすることが明らかですが、どうして男性は短命なんでしょう?
やはり、ホルモンストレスが影響しているのでしょうか?


このまま行くと3人に1人になる日もそう遠くないいことだろうと思います。

自分で焦点調節が出来るメガネ [健康・病気]

「私は全くメガネの世話になることはない」という人はどれだけいるのだろうか?
と思うくらい電車やバスの中でメガネを掛けている人は多い。


ちょっとした近眼程度なら不自由はしないのだが、私のように遠視も混じるように
なって来ると、大変小さな文字が見にくいのです。


近視の度が進み、レンズの度数が上がってくると、近いもの、特に新聞などは
少し話さないと見えづらくなり、おまけに話すと近視のレンズのために余計小さく
なって、読めないと言うことが起こります。

これを解消するにはレンズの度数を落としたものを別に用意すれば良いのだが
いちいち掛け替えているのは手間がかかるし、おまけにコストもバカにならない。


遠近両用も試したが、近視の度数が強いとあまり、差が無くなり恩恵にあずかれなく
なって来ます。


そこで、今回紹介するのが、自分で焦点をコントロール出来るメガネです。

2枚のレンズの間にシリコンのような液体を挟み込み、これをレバーをスライドさせる
事で度数を調節する優れものです。

アメリカでの発売で日本では販売されていないが、それを紹介したビデオがあったので
とくとご覧ください。



前の10件 | - 健康・病気 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。