So-net無料ブログ作成
肥満・メタボ ブログトップ

メタボの悪役コレステロールは本当に悪いやつなの? [肥満・メタボ]

メタボとコレステロールは切っても切れない関係があるといわれているが
果たして本当はどうなのだろうか?


(ここから)

コレステロールは副腎皮質ホルモンや性ホルモンなどの原料になる重要栄養素である。
しかし、今やこのコレステロールはただの悪役として扱われているようだ。それが医学界
と製薬業界とマスメディアによる嘘丸出しのマーケティングによることを、いまだ多くの人
々は理解していない。
 
日本脂質介入試験=J‐LIT」という臨床試験では、総コレステロール値が220以上の
人ばかり5万人に、コレステロール低下剤を6年間使った。平均で約50下がったが、もっ
とも脂肪率が低かったのは220~260の人。180未満に下がった人の死亡率は220
~260の人の2.7倍に増え、40%が癌で死亡。がん死亡率が最低であった280以上
の人の5倍までもが、癌で死亡したことになる。

コレステロールが高いことで得られるメリットは、感染症やガンなどの免疫に関する病気
にかかりにくいということである。あまりに高すぎれば当然動脈硬化のリスクは増す。
そのバランスを取ることが大事であり、だからこそのこの数字なのだ。
 
コレステロールを下げるのはよくないと主張する医師は数多い。そのことは、まだ日本に
も少しだけ救いがあるという気持ちにさせる。浜六郎氏だけでなく、たとえば『日本人よ
コレステロールを恐れるな』(長谷川元治)や『日本人はコレステロールで長生きする』
(田中裕幸)などの著書がある

Facebook内海聡さんの記事から転載

(ここまで)

とまあ、本当はどうなのかわからないが、事実を述べているようなので信ぴょう性は
あるのだろう。特にコレステロールが180未満まで下がった人の死亡率が2.7倍に増え
40%がガンで死亡したというのには驚かされる。
もし、そうならコレステロールは少し高めの方が長生きし、病気にもなりにくいことになる。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエットコーラなどの人工甘味料飲料は体に良くない [肥満・メタボ]

ダイエットコーラに代表されるドリンクには人工甘味料が使われています。
たとえば、アスパルテームが有名です。この人工甘味料は下記のような害が
あるとされています。

一例

●目
片目 両眼の失明
視野狭窄や目のかすみなど、他の障害
閃光視、汚れのような線が見える、 トンネル視、夜間の視野狭窄
両眼の痛み
涙の減少
コンタクトレンズ着用での問題
眼球突出

●耳
耳鳴り りんりんという音やブーというような音
騒音への耐性減衰
著しい聴力減退

●神経系
てんかん発作
頭痛、 偏頭痛 、強い頭痛
めまい、動揺、不安
混乱、物忘れ
ひどい眠気
手足の感覚麻痺
言葉の不明瞭さ
多動症、貧乏揺すり
異常な顔面痛
ひどい震え

●内分泌と代謝
血糖値のコントロール機能低下(糖尿病)
月経不順
著しい痩せ、あるいは抜け毛
著しい体重減少
体重漸増
ひどい低血糖(症)
ひどい月経前症候群

引用:http://www.geocities.jp/renaissais/nutrition/aspartame.html
CNNニュースによると、この人工甘味料がダイエットに役立たないばかりか
糖尿病リスクを増大させると下記(一部改変)のように書いている。



CNN) 人工甘味料を使ったダイエット飲料を日常的に消費すれば、普通の
清涼飲料水以上に肥満や生活習慣病のリスクが高まる恐れがある。

米パデュー大学の研究チームの研究結果によれば、ダイエットソーダに使わ
れている人工甘味料には、体内や脳内の仕組みを混乱させる作用があり、
ダイエットソーダばかり飲んでいる人が本物の糖分を摂取すると、血糖値や
血圧を調整するホルモンが分泌されなくなるという。

そのため、太りやすい傾向が強まり、太らなかったとしても、糖尿病や心疾患、
脳卒中を発症するリスクが増大するという。教授は「ダイエットソーダは普通の
ソーダよりも健康にいいという考え方は誤っている」と述べている。

これを受けて飲料メーカーの業界団体は、「各国の学術機関や規制当局によ
る長年の調査によれば、低カロリーの甘味料は安全で、減量や体重管理など
の効果もある」と反論しているという。



いかがでしょうか?
ダイエットコーラばかり飲んでいると、終いには大病を患うことになるかも。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

タバコを止めると太るのはタバコに含まれているあるものが原因とわかった [肥満・メタボ]

タバコを止めた途端太り始めたという人は少なくないでしょう。
私の知人の女性も1ヶ月後にはものの見事に太りました。


この原因として今まで
タバコが吸えないストレスが増えて、食べまくるから
タバコ以外の楽しみがなかったから

など、いろいろあげられています。
しかし、最近全く違う理由がわかりました。


それはタバコには食欲を減退させる物質が含まれていたということです。


タバコ会社大手であるフィリップ・モリス社とブリティッシュ・アメリカン・タバコ社が、
強力に食欲を減退させる化学物質を意図的にタバコの中に混入していたことが
判明しましたそうです。

実にこの混入は1949年から1999年までの50年間続いていたのです。


アンフェタミンや笑気ガスとして知られる亜酸化窒素などで、体重を気にかける人々を
引き込むための戦略であり、タバコを吸えばダイエットの一助になると思わせることを、
50年以上にもわたって行っていたとのことです。


カナダのウォータールー大学のタバコ産業に詳しいデイビッド・ハモンド教授によると、
現在もこれらの化学物質が添加されているかはわからないとのことです。

しかし、日本ではどうだったんでしょうか?
本当に化学物質がダイエットに有効なのか、日本のタバコがどうであるのかは
今後の裁判の行方次第のようです。

大変気になるニュースでした。



米国の深刻な肥満事情、医療費1500億ドルが肥満治療に [肥満・メタボ]



【8月21日 AFP】米成人の3分の2、子どもの5分の1が過体重、もしくは
肥満状態にあるとする調査結果が前月末、米疾病対策センター
(US Centers for Disease Control and Prevention、CDC)が主催する
肥満問題に関する会議「Weight of the Nation」で発表された。
こうした人びとは、心臓病、がん、脳卒中、糖尿病などの慢性疾患リスク
にさらされているという。

 会議に出席したキャスリーン・セベリウス(Kathleen Sebelius)厚生
長官は、米国では予防可能な肥満の治療に約1500億ドル(約14兆円)
もの医療費が費やさていると指摘。これはがん治療に費やされた医療
費の倍額に上るという。(c)AFP

--------------------------------

この写真をご覧になってどう思うでしょうか?
日本ではなかなかお目にかかれない風景ですね。

私も過去に一度しかありません。
これでは医療費もたまらないでしょう。

ここまで太ってしまうと、もはや食事のコントロールしか手がありません。
運動は到底無理ですから。

また、運動だけでは痩せられないことは下記のホームページでどうぞ
ビリーで失敗した20代~40代主婦に贈る|おからクッキーダイエット

もし、食事コントロールをご希望の方は低カロリー食が良いでしょう。
糖尿病食 ダイエット食 カロリーコントロール




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

米国民の肥満は想像以上!痩せたくても痩せられない! [肥満・メタボ]

この写真を見ただけで、肥満の程度がわかりそうなものです。

プールでダイエット中なんでしょうか?

もはや、これだけ太ってしまうと、家の中はおろか、外で運動する
ことは無理でしょう。それでプールダイエットです。

しかし、残念ながらダイエットは難しいでしょう。
水泳は全身運動なので、かなりエネルギーを消費します。
そのためダイエットには効果が期待出ると思います。

でも、これだけ太ってしまうと普通に泳ぐことは難しい。
それで、私は難しいと断言します。

ここまで来たら、食べる物を徐々に減らして行くしかないです。
同じような環境の方は頑張ってダイエットしましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
肥満・メタボ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。