So-net無料ブログ作成
検索選択
医学・医療 ブログトップ

満月の夜は眠れない!は本当だった!もしかして狼男の影響? [医学・医療]

「満月は眠れない」は本当?=実験で裏付け-スイスの大学

時事ドットコムによると、スイス大学チームが33人の男女を実験対象として
満月の夜の睡眠傾向を調べたところ、確かに眠れないことを確認したという。


実験は20~74歳の33人が対象として行われた。
夜11時台から朝7時台までベッドで横になってもらい、脳波や眼球の動き、
睡眠ホルモンのメラトニン分泌量などを調べた。
 
その結果、満月ごろの夜は新月ごろの夜に比べ、平均して眠り始めるのに
5分多く時間がかかったほか、睡眠時間が20分少なくなり、深い眠りが3割
減っていたという。
 
そのほかにも、月の満ち欠けが睡眠と関係ないという報告もある。
月の満ち欠けは人間の精神状態に影響を与えないということが心理学者の
研究によって明らかになったのだ。

しかし、月の満ち欠けが人に与える影響は大きいと信じている人は多いという。
ある調査によると、実に看護師の83パーセント医師の63パーセントは満月時
には精神的な問題を抱えた患者が増えると感じているそうだ。

また、アメリカの警察では満月と犯罪の増加には因果関係があるとして、満月
の夜には警備を強化させている地域があったり、ジョージ・W・ブッシュ前大統
領が2000年の大統領選で当選した際には、満月が投票人の行動を狂わせた
のだと真面目に論じる人もいたほどだ。


こう見てくると、やはり満月の夜には人はおかしくなるのだろうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

高脂肪食は乳酸菌を絶滅させる。結果として不健康になる [医学・医療]

脂肪が多い食事を食べると、消化液(胆汁)が大腸の「善玉菌」を殺し、腸内細菌の
バランスを壊すことが、北海道大の研究でわかった。

 消化液の分泌が引き金となってメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や
大腸がんが発症する可能性を示しており、米消化器病学会の専門誌11月号に
掲載された。

 研究したのは同大農学部の横田篤教授(微生物生理学)らのグループ。ラットの
普通のえさに、高脂肪食で分泌される濃度に近い胆汁を混ぜて10日間食べさせ、
盲腸の細菌の変化を調べた。

 通常は、大腸や盲腸で約1000種類の細菌が見つかるが、胆汁を混ぜたえさ
のラットは「クロストリジウム」に分類される菌が98・6%を占め、菌の8割はたった
4種類になった。この菌が大半を占めるのは、米国の肥満患者の研究と同じ傾向
だった。通常は1割ほどいる乳酸菌などは、ほとんど見つからなかった。


うつ病になると投薬される抗うつ剤と自殺者数の増加が一致した [医学・医療]

以前、抗うつ病剤とうつ病患者という記事をかいたことがありますが
その時に指摘したのは、うつ病患者の数が抗鬱剤の販売量に比例して増加している
という内容でした。


今回、掲載したのはSAPIO2011年10月5日号に掲載されたものですが、抗うつ剤の
増加と自殺数が比例関係にあるというものです。


つまり、抗うつ剤が精神の不安定さを加速させることになり、結果として自殺願望が
強くなる結果、自殺数が増加しているということになります。


現在、うつ病で悩んでいる方は一読しておいた方がいいかもしれません。
うつ病に悩まされている方には難しいことかもしれませんが、抗うつ剤を徐々に
減らしていき、バランスのとれた食生活を心がけ、それが難しい場合にはミネラル
ビタミンの豊富なクロレラ、スピルリナのような総合栄養補助食品を摂ることが
うつ病の改善に結び付くと思います。


それでは、引用文を転載します。

(ここから)
なぜ、自殺は減らないのだろうか。これまで自殺が多発する理由は「不景気」「ストレス
社会」などにあるといわれた。しかし、ここには見落とされている観点がある。同じく98年
頃から抗うつ薬の売り上げが急伸しているという事実だ。実際、98年に173億円だった抗うつ
薬の売り上げは翌年以降増え続け、06年には875億円に達している。

 同時期にうつ病患者も急増した。厚生労働省の調査ではうつ病が大半を占める気分障害
患者数は1999年に44万1000人だったが02年には71万1000人、2005年に92万4000人に達し、
08年には100万人を突破した。

 98年頃を境に自殺者数、抗うつ薬の売り上げ、うつ病患者数が増加する。これは何を意味
するのだろうか。

 精神医療の現場における「薬」の役割が相関を解くカギになる。

 全国自死遺族連絡会会長の田中幸子さんの長男・健一さんは警察官だった。仕事ぶりは
真面目で責任感が強かった。05年5月、勤務していた交通課管内で高校生3人が死亡する大き
な事故が発生し、不眠不休で処理にあたった。

 やがて健一さんは心労と過労が募って吐き気を催すようになり、めまいや耳鳴りがひどく
勤務できない日もたびたび生じた。耳鼻科や眼科では治らず田中さんの勧めもあり、休職
して近所の心療内科を受診した。すぐにうつ病と診断され、薬を処方された。田中さんは
こう証言する。

「息子は薬を手放せなくなっているようでした。私は病院を受診して、お医者さんの言う
とおりに薬を飲めばうつは治ると思っていたのですが……」

 しかし、初診からわずか1か月後、05年11月に健一さんは妻と娘と住む官舎で突然首を
吊った。遺書はなかった。田中さんは続ける。

携帯電話を見ると、妻から“なぜ働かないのか”といった類のメールが何十通もきていま
した。息子の置かれている状況がよく理解してもらえず、サボっているように見えたのかも
しれません」

 本来、休息が必要なはずだが、休むよりもむしろ働かなくてはという想いもあったのかも
しれない。

 息子の死後、担当医に電話すると「診察に来ないと話は聞けない」と言われた。死の報告
をするためだけに初診料を払って「受診」した。不誠実さに腹が立つと同時に、それまで
信用していた医師に対して不信感を抱くようになった。田中さんは言う。

「その後遺族の会を作って、多くの人が息子と同じように精神科を受診し、投薬を受けた
上で亡くなっていることを知り衝撃を受けました」

 前出の同会の調査では、1016人中、自宅マンションから飛び降り自殺した人は72名。
その全員が精神科の診療を受け、抗うつ薬などを1日3回、5~7錠服用する薬漬けの状態だっ
たことも判明した。ここからは、飛び降りという衝動的な行為を処方薬が引き起こした
可能性さえ疑われる。
(ここまで)


なお、これとは別のことになるが、高層マンションに住む人ほど自殺率が高いという統計も
あり、この原因として、マンションの免震対策として生じる揺れによる低周波が浮かび
上がってきています。


※SAPIO2011年10月5日号
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

透明人間になれる日が近いという技術が発表された [医学・医療]

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部の神経学者ポール・トンプソン氏が
新開発の化学薬品によって、脳組織を透明化することに成功したと発表した。

それによると、実にシンプルな化学薬品の配合によって、マウスの脳組織を透明化
させて見ることができたと述べている。
その薬品とは尿素とグリセロール、それに界面活性剤であるトリトン-Xという薬剤が
使用される。実にシンプルな配合で、誰が考え付いたものだろうか?
この薬品を「Scale」と名付けている。


これまでも組織を透明化する技術はあったのだが、すべて透明化され、神経伝達
経路を解明することが出来なかったようです。今回の技術を用いれば、細胞その他
の構造に標識としてつけられた蛍光を直接観察できるようになるということです。


今回の研究ではマウスが利用されたが、「心臓や筋肉、腎臓といった他の器官や、
霊長類およびヒトから採取した生検組織試料への適用も目指している」という。


◆「透明人間」になる可能性も

とはいえ、実験動物が「透明人間」のようになることは当分ないだろう。Scaleは生き
たままの動物に使用するには毒性が強すぎるためだ。しかし宮脇氏は、いずれこの
問題は解決すると考えている。


「われわれは目下、別のもっと毒性の弱い試薬候補の研究を進めている。開発に成
功すれば、生きたままの組織を、透明度はやや落ちるが同じやり方で調べられるよう
になる。その結果、以前はまったく不可能だった研究にも可能性の扉が開くだろう」と
宮脇氏は述べている。

今回の研究は、「Nature Neuroscience」誌オンライン版に8月30日付で発表された。


すごい技術が発表されたものです。
映画「インビジブル」のような世界が実現するかもしれませんね。
でも、くれぐれも「女性の下着を盗む」ような悪用はしないようにね。


インビジブル(BD)

インビジブル(BD)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

放射線医学総合研究所が酵母に放射線障害防護作用があると発表 [医学・医療]

独立行政法人 放射線医学総合研究所(佐々木 康人 理事長)放射線
安全研究センター・レドックス制御研究グループの伊古田暢夫グルー
プリーダー、安西和紀チームリーダーらは、財団法人体質研究会(鳥塚
莞爾 理事長)の鍵谷勤京都大学名誉教授と共同で、ミネラル含有熱
処理酵母に放射線障害を防護する効果があることを、マウスを用いた
実験で明らかにした。
http://www.nirs.go.jp/news/press/2005/03_24.shtml

と発表したようです。
詳細は上記URL内に書かれています。


ビール酵母を利用した健康食品がありました。
昔から販売されているロングセラー商品でした。値段も安いです。

エビオス錠 EBIOS 天然素材ビール酵母 2000錠   アサヒフード&ヘルスケア

エビオス錠 EBIOS 天然素材ビール酵母 2000錠   アサヒフード&ヘルスケア




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

神経細胞の再生が高分子チューブ併用で再生可能に [医学・医療]

様々な組織の細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)が実用化段階を
迎えつつあるが、今回はこのiPS細胞と高分子化合物製のチューブとを組み
合わ、神経を再生することに成功したようです。


大阪市立大の中村博亮教授と奈良県立医科大の筏(いかだ)義人教授らが
マウスの脚の神経線維を再生させることに、成功した。

けがや病気で傷ついた手足の神経の新たな治療法として有望なようです。


イメージとしては下図のようになる。

ハイブリッド神経.jpg


高分子化合物を加工して、表面を頑丈にし、内側はスポンジ状の2層構造のチューブ
(直径2ミリ)になったものものを作製。
スポンジ層にマウスのiPS細胞から作った神経系細胞を染み込ませた。

 後ろ脚の神経が5ミリ欠損したマウスに、この人工神経を移植したところ、
3か月後には生活にほとんど影響がないまでに歩行能力が改善したという。


切断された神経細胞の再生はほとんど無理いと言われていただけ朗報である・
技術が実用化されるのを期待している。


何も移植しないと脚がまひしたままだった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

タバコのニコチンに神経細胞再生効果がある? [医学・医療]

これは驚きです。
タバコを吸う人にアルツハイマーが少ないことから研究を始めたらしいが
ニコチンパッチでも使うと呆け防止になるのだろうか?

以下
▽ ソース 北國新聞
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20101224102.htm


タバコの葉に含まれる有害物質「ニコチン」に、脳神経細胞の再生を促す効果があることを、
金大医薬保健研究域薬学系の米田幸雄教授らの研究グループが23日までに確認した。
動物の脳細胞にニコチンを加えると、神経細胞ができる割合が増加した。研究グループによると、
人間に適用できれば、アルツハイマー病など、神経細胞の脱落に起因する病気の予防、
治療法開発につながる可能性があるという。

情報処理と情報伝達を担う神経細胞は、神経幹細胞が作り出す細胞が分化してできる。

米田教授は、喫煙者にアルツハイマー病患者が少ないという過去の調査結果からニコチンに着目。
ニコチンによって、神経幹細胞が神経細胞に分化する割合が高まるかどうかを調べた。

実験では、マウス、ラットの胎児の脳から取り出した神経幹細胞を培養し、ニコチンを加えた。
ラットの場合、ニコチンを加えると、神経細胞の割合が25%から40%に増え、マウスでも同程度の
結果が得られたため、ニコチンが神経細胞への分化を促進していることが裏付けられた。

神経細胞が脱落することで発症するとされているのは、アルツハイマー病のほか、脳卒中後遺症や
パーキンソン病などがある。
脳内にある神経細胞は増殖しないが、新たな神経細胞を生み出すことができれば、
脱落した分を補うことができる。

米田教授によると、喫煙によるニコチン摂取は、デメリットの方がはるかに大きい。病気予防や
治療への活用に向けては、ニコチンの有毒性や血管収縮作用など課題も多いが、
すでに禁煙用ニコチンパッチなどの使用例があり、ノウハウが生かせるという。

同グループには寳田剛志助教と大学院生の川越博文さんが参加し、研究成果の特許を申請した。
米田教授は「まさに『毒をもって毒を制す』で、有害な物質でもうまく使えば病気予防や治療に
役立つ可能性がある。企業と連携して研究を進めたい」と話した。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パスツールの細菌理論は間違っていたことを臨終の際に本人が認めた? [医学・医療]

転載になるが、「なるほど」と思う内容のサイトがあったので紹介します。
如何に今の医学が間違っているかわかるひとつの材料です。


現代医学は大きな嘘に基づいてる。この嘘は少なくとも150年前に遡る。ルイ・パスツールが死の床にあった、1895年あたりまで歴史を遡ってみよう。彼の死に立ち会った人々は、パスツールの最後の言葉を詳しく語った。「私の細菌理論は間違っていた。細菌を取り巻く環境が病気を左右するのだ」と。

もし巨大な権力を持つものがこの嘘を利用して巨万の富を築く可能性を見いださなければ、このとき世界観がかわっていたかもしれない。 現実には製薬産業の医療に対する強い締め付けによって、この嘘は現在に至るまで膨らみ続けた。 それはすべて ルイ・パスツールと アントワーヌ・ベシャン から始まった。一方は有名で称賛を浴びた偽物、他方は変わり者扱いされた、真実を追求する科学者であった。彼らの周りに起こった論争は医学者を2つの陣営に分割することになった。一つは monomorphists 他方は pleomorphists(多形態性)である。 Pleomorphism は http://www.euroamericanhealth.com/cause.html に説明されているように、1800年代初頭に発見された概念である。多形性の微生物は形を変える(多形、変形)微生物のことである。ウイルスは細菌、そして菌類へと形状を変え、またその逆にも戻る。すべての細菌は形を変える。病院の研究室などで、条件を全く変えずに微生物を培養した場合、その微生物の形状は変わらないが、 例えば成長を媒介するpHなどを変えた場合、細菌は別のもの、別の微生物に変化する。

Whalen James が monomorphism(モノモルフィズム) pleomorphism(プレオモルフィズム)の違いを以下のように述べている。

細菌理論 (パスツール)

1. 病気は身体の外にある 微生物に起因する。(それは外から来る)
2. 一般的に微生物に対しては、防御をしなければならない。(ワクチンや抗生物質)
3. 微生物の働きは一定している。(誰に対しても同じことをする)
4. 微生物の形と色は一定している。(微生物は周りの環境によって形を変えない)
5. 全ての病気はそれぞれ特定の微生物に関連づけられる。(あらゆる病気の原因となるそれぞれの菌がある= Monomorphism )
6. 微生物が病の第一の原因である。(細菌が病気の原因である)
7. 病は誰でもおかすことができる。(どれだけ健康であっても、病にかかる)
8. 病から身を守るために、防御態勢を築かねばならない。(ワクチンをうける)

細胞理論 (ベシャン)

1. 病気は体内細胞の中にある微生物に起因する。
2. これら細胞内にある微生物は通常は新陳代謝を助ける働きをする。
3. 微生物の宿主(人の体)が死んだり、けがをしたりした場合は、体を分解する働きを促す役割を微生物は果たす。
4. 微生物は溶媒を反映して形や色を変化させる。(Pleomorphism)
5. 全ての病は特定の体の状態に関連づけられる。
6. 微生物は宿主の健康状態が衰えた場合に「病的」になる。従って、宿主の健康状態が  病の第一の原因である。
7. 病は不健康な状態の上に築かれる。(体の免疫システムの状態が病気になるかどうかを決める)
8. 病気にならないためには、健康な状態を作らなければならない(健康であることが、防御でる)

上記の2つの理論の違いは、次のことを意味する。monomorphismは儲けは多いが、事実上、役に立たない製薬会社の薬の消費につながり、より高価なハイテク医療をうみ、殺人的なワクチン、伝染病のデマを招き、病気を売り、医療科学を崩壊させ、医者が引き起こした死を隠蔽することにつながる。
それとは対照的に pleomophism は安価であり、有害な物質が身体に過剰に蓄積された状態とか、身体が酸性になりすぎているなどといった、病気の本当の原因に基づいた治療を意味する。

パスツール自身が最後に自らの誤りを認めたあとも、企業の利益はパスツールの理論に固執していた。それゆえ、 monomorphists たちが 議論に勝った。彼らの理論が正しいからではなく、企業が大声をあげて、他のグループをいじめたからである。

今日、微生物の生態はpleomophismに基いていると何度も何度も証明されてきたにもかかわらず、細菌学者の大半が monomorphismにいまだ固執している。現代医学の誤りの全てはこの偽りの医学の範例の結果である。医療は何年にもわたって無意味な大勢の人々の死を招いた欺瞞を認めようとは決してしないだろう。医学が過去において間違った方向に進み、 monomorphism を擁護した時点まで引き戻さない限り、医学に進歩はないだろう。

引用:

「過去を支配する者が未来を支配する」ーー ジョージ・オーウェル

「病の主たる原因は細菌ではない。病は細胞が損なわれ、壊れたことによっておきる毒血症に起因する。これによって、細菌が増殖し、攻撃する道が敷かれるのである」ーー 医学博士 アンリ・ビーラー

「病は浄化、解毒を求める叫び声である」ーー ヒポクラテス

「病気の原因はひとえに周辺に浮遊している細菌やウイルスから来ると信じて有害な薬を投与する治療を受けることは もっとも愚鈍な迷信の犯罪であることがわかった」ーー 医師 D. フィリップスi

「もしもう一度人生がやり直せるなら、細菌は病気の原因になるのではなく、むしろ 自らが生息できる 病気の生体組織という場所を求めるのだということを証明するのに献身したい」ーー  R. Virchown (細菌理論の父として有名)

文献:

* "Pasteur Exposed: The False Foundations of Modern Medicine"
「パスツールの罪は暴かれた:現代医学の誤りの基礎」
著者:Ethel Douglas Hume. Bookreal. 1989. 260 pages
内容:パスツールが天才べシャンを剽窃し、細菌理論を誤って解釈し、現代医学を誤った方向に導いたことを暴露する。
* "Confessions of a Medical Heretic"  「医学の異端者の告白」
著者:Dr Robert S. Mendelsohn. Warner Books, New York. 1980. 304 pages
内容:現在の医療が効果的であった試しが希にしかないこと、医療が治療中の病気そのものよりも危険である場合が多いことを例証する。
* "Corporate Crime in the Pharmaceutical Industry" 「製薬業界の犯罪」
著者:Dr John Braithwaite. Routledge & Kegan Paul - 9 Park St, Boston, Massachusetts 02108, United States. 1984. 440 pages
内容:大規模な国際的調査に基づき、製薬多国籍企業が 薬の安全性を守る法律をいかにして無視してきたかを語る。 それは 賄賂、偽りの広告、薬の安全性テストでの不正、安全でない製造過程、密輸入、国際法への介入などである。



タグ:パスツール
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
医学・医療 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。