So-net無料ブログ作成
検索選択
放射能 ブログトップ

都内で手足口病増加!原因は放射能濃度が高くなったこと・・・ [放射能]

東京都は、都内の手足口病患者数が警報基準を超え、大きな流行になっているとし、
注意を呼びかけている。

都によると、夏季の子どもの感染症として知られる手足口病、ヘルパンギーナおよび
咽頭結膜熱(プール熱)の患者報告数が増加しており、うち、手足口病患者の約9割は
6歳以下の小児(うち約半数が2歳以下)だという。

2013年第27週(7月1日~7日)において、都内262カ所の小児科定点医療機関から報
告された手足口病の患者報告数(都内全体)は6.01人(週)で、過去5シーズンの中で
2011年の流行時に次いで高い値となっている。保健所別の患者報告数が警報基準
値を超えたのは、31保健所中19カ所で、管内人口の合計は東京都全体の62.3%に上る。

手足口病.jpg

http://news.mynavi.jp/news/2013/07/12/097/index.html

この原因として、真実を探すブログさんでは下記のように書いていた。

******************************************************************************
福島原発事故の影響で大量に放出された放射性物質を吸い込んだために、子供達の免疫力が急激に弱体化してしまったのだと推測されます。他にも川崎病や風疹が大流行していますが、いずれの病気もチェルノブイリ事故や核実験を大量にしていた時に同様の事態が確認されています。 時期と今の日本の状況から見て、今回の病気急増の原因はほぼ間違いなく、放射能であると言えるでしょう。日本の食品安全基準値は福島原発事故前の低レベル放射性廃棄物と同じ数値です。こんな物を食べてばかりいれば、病気になるのは当たり前のことだと私は思います。 本当に放射能は気をつけなければいけません。

******************************************************************************

可能性は高いと思われます。
子どもの場合、低濃度の放射線でも影響を受けますので、前回紹介したように
ビタミンCを多量に摂ることをお勧めしたいですね。
またスピルリナというサプリメントも効果があるようです。







nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

放射線被ばくによる健康被害はビタミンCで軽減できると自衛隊が発表! [放射能]

2010年の3月に、防衛医科大学と陸上自衛隊の研究者達が、内部被爆による
胃腸障害やガンなどにビタミンCがかなり有効であると既に発表していた事が
明らかにされていたようです。



「皆さんは、放射線が殺人光線のように、直接、身体の中の遺伝子を傷つける
と思っています。しかし実は、これは全く違います。直接、遺伝子を攻撃するのは、
たった20%であります。では残りの80%は何かというと、活性酸素であります。
この活性酸素が、細胞の膜や遺伝子を傷つける」

そして、更に、

「この活性酸素は、ビタミンCで消せるという事であります。人間の持っている
抗酸化能力を最大に上げておくということ。そして、この抗酸化能力を早く高め
ることが重要であり、その為に、ビタミンCの点滴をまずやっておくという事」

このようなことです。
つまり、放射線被ばくによる健康被害の80%が体内で発生する結成酸素が
DNAを損傷するために起きているということです。そのためにビタミンCが有効
であると述べています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
放射能 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。